「歳なので、ワンちゃんを残して死ねないから、飼いたいのだけれど、あきらめている。」とおっしゃる高齢者が結構いらっしゃいます。それは、その方の優しさの表れなのですが、家族の一員になったワンちゃんの存在を考えると、生き生きとした生活のためにも、飼っていただければと思います。私は、高齢者のご子息などが、「後の面倒はちゃんと見るから、ワンちゃんと一緒に生活したら。」と言っていただくことで、ワンちゃんとの生活をする高齢者が増えるのではと、考えています。また、ご子息が、自らワンちゃんを手に入れ、うちの子を見ていてくれないと、元気なうちは、ワンちゃんを預けるというもの一つの方法ではないかと考えています。そこには、ワンちゃんの飼育を通じ、コミュニケーションが増加することが確実にある筈です。
 死後の愛犬の面倒は見ますというというサービスも考えられますが、今のこの業界を考えると、悪質な業者も出てくるので、このサービスは?。