世の中が豊かになるとともに、人間界における犬の存在意義は大きく変わってきたように思います。昔から、心を和ませる存在ではありましたが、番犬、猟犬、牧羊犬のように、人間の生活に直接役立つ存在だったのではないでしょうか。現在は、彼らの特性を活かし、警察犬、盲導犬、介助犬というように活躍の場は広がっています。特に一般の人々にとっては、この忙しい時代、「癒し」を与えてくれる、家族の一員としての役目が非常に大きくなってきていると思います。
約2年前、我が家でも、犬を家族の一員に加えたいという流れができ、いろいろと犬の特性を調べ、こちらのニーズに合った犬種を2,3種に絞りました。この時まで、インターネットオークションの存在は知っていましたが、犬がそのシステムで取引されていることを知りませんでした。ここは、このシステムの体験も兼ねて、早速挑戦することにしました。コンピューター画面で犬の画像を家族でチェックし、これがカワイイとかワイワイガヤガヤ・・・。1つ決めていたことは、「犬は荷物ではないので、直接引き取りに行く」という案件のみを対象とました。そして、入札に参加、締切日、時間が近づくと頻繁に値段が上昇するのです。ですから、締切時間にはコンピューターに貼りついていないとダメなのです。全くゲーム感覚で、本当に競争相手達は本気でその犬を欲しいのだろうかと感じることも・・・。2度購入に至らず、悲しむ娘。入札を何回も入れ、経過を見ていると、「負けたくない」「より欲しくなる」という感情が湧いてくる心理状態。インターネットオークションにはまっている人がいることを実感しました。幸いにも、3回目で落札することができ、片道3時間半かけて引き取りに行きました。ブリーダーの顔も見られ、アドバイスもいただきました。現在その愛犬は、我が家のリビングの主人になっております。
弊社は、オーラルケア用品メーカーですので、おのずと犬の歯を観察してしまうわけで、歯に歯垢や歯石が付着しているのを発見したのです。犬用の食事もおいしく進化し、歯垢・歯石が歯に付着し易くなっていると考えられます。放置しておくと、ムシ歯になったり、歯周病になってしまうそうです。聞くところによると、犬の歯石除去は、全身に麻酔をかけてから行なうそうで、中には、麻酔のショックで死ぬ犬もいるとか・・・。だったら、噛まれる危険性はありますが、日頃からケアをしてあげるのがベターだと考え、我が家の愛犬をモニターにしました。今回製品化した「犬口ケア」ピック &ピックで、嫌がりますが、ケアしており、噛まれたことは今現在ありません。娘では無理ですが・・・。
今回の製品で、大切な愛犬の歯垢や歯石を除去してあげると伴に、ご自身のオーラルケアを考えるきっかけになることを願っております。また、本シリーズには、キャラクターとして「歯っピー」が登場します。製品ともどもよろしくお願い致します。